10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.04.30 (Wed)

うるし紙トレーケース

IMGP2785.jpg


今春に発売したうるし紙の2段トレーケース。

テーブルの上に置いてもかさばらないサイズ感で、
メガネコレクションケースとして、上段トレーに2本、
下段ボックスに2~3本のフレームを収納できるほか、
スマホや文具、時計、アクセサリー、コスメなどの
収納ケースとしてご利用いただけます。

また、小売店さまのご店頭で、
上段トレーをお釣り、クレジットカードのお渡し用に利用し、
下段ボックスは小物入れ、など、
別々に利用するアイディアもあり。

うるし紙の魅力である深いテクスチャや独特の美しい光沢感。
一般的な紙のエンボスでは使われていない平面のプレス機を
使って原紙に型を押し、その上から色を数回、塗り重ねていく、
という、漆工芸品と同じような手間と時間のかかる工程を経て、
はじめて生まれる美しさです。
紙、というエコな素材であることも、
現代のものづくりのテーマ、ニーズに合致しています。

うるし紙を使ったケースは、以前から弊社のレザー製メガネケース
deekay.s のパッケージに使用していました。

私とうるし紙との出会いは2年ほど前。
レザーケース用のパッケージを探していた時、
墨田区中小企業連合が制作した電気自動車 HOKUSAI に
うるし紙の内装材が使われているのをたまたまテレビで見て、
つてを頼って連絡したのが始まりです。

このうるし紙の製造元、S.R.S.SUGAYA 社長、菅家さんは、
実は知る人ぞ知るモータースポーツ界のレジェンド。
バイクの世界選手権で華麗な成績をあげ、カートの世界では
若かりし頃のアイルトン・セナとレースした、という、
びっくりするようなストーリーをいくつも持っている方。
モータースポーツ界を引退後、墨田区にある家業のうるし紙
工場の経営に従事していらっしゃいます。

http://www.srs-sugaya.com/

そんなモータースポーツの専門家、菅家さんが
墨田区から電気自動車制作へのアドバイス依頼を受け、
HOKUSAI の実用化に大きく貢献するとともに、自社のうるし紙を
内装材に提供されています。

こんな素晴らしい出会い、ご縁から、新商品が生まれたことに、
感謝です!




MCL1image2.jpg  
  deekay.s レザーメガネケース MCL 1
  http://dtcstore.ocnk.net/product/67

  個性派アイウェアアクセサリー、
  レザーケースを発売中。

  直営ネットショップ「DTC Store」
  http://dtcstore.ocnk.net/


★ブログのトップページへ★  ★DT&COMPANYのウェブサイトへ★
関連記事
11:12  |  商品、ほかのご紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dtandcompany.blog57.fc2.com/tb.php/153-8d9fb042

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。