04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.28 (Thu)

グレートカンパニー

以前ブログ上、「今日のまめ知識」という記事の時に紹介させていただいた
船井総合研究所のメルマガ「フナイ・リテール・ニュース」
あらためてグレートカンパニーについて船井総研;岡聡さんにより詳しくご説明、
ご教示いただいている部分を、切り抜いてとってあります。

勝手に転載してよいものかわかりませんが、個人的にとっても感銘を受け、
共感しておりまして、以下、コピペさせてください。

“船井総研では『社会的価値の高い「理念」のもと、その
「企業らしさ」を感じさせる独特のビジネスモデルを築き上げ、
その結果、持続的成長を続けられる会社。と同時に社員と顧客が
「素晴らしい会社」と誇りを持つくらいの独特のカルチャーが
形成されている企業を、我々はグレートカンパニーと言う。』
と定義しています。”

“船井総研でいう独自固有の長所を持ち、独自の考え方、
ビジネスモデルを形づくっている企業が今の時代、ハッキリと
「グレート!」と評されるようになっているのだという事実です。
これは弊社の五十棲の言葉によると、「業界の他社から叩かれる
ぐらい自分たちの考え方を貫いている。」「規制の強い業界では
その業界慣習自身が社会全体からみると可笑しな部分が強く
残っている。だから社会的にまっとうなことを推進する企業が
”変わり者”であり、業界の既成勢力から敵視されたりする。
しかしグレートカンパニーは自らが正しいという信念を
持って貫いている。」というようなことになるのだと思います。”

“今日はセミナーで、定量的な成長、定性的な成長だけではなく
「共感されるその企業らしさ」が大事なのだとお伝えしました。
そしてそのらしさ作りを進めるのに必要なことは経営者のスタ
ンス・ポリシーに他なりません。今一度、皆さんも自分たちの
会社の「らしさ」とは何かを見つめなおしてください。それが
見えない企業は社員に武器を磨けと号令をかけることができま
せん。これからの時代を生き残る意味ある合理的経営ができま
せん。強みを育てるには捨てる部分も必要になりますが捨てる
勇気がもてません。”

私も、この考え方、経営姿勢を肝にすえて、これからもビジネス人生の旅を
楽しんでまいりたいと思います♪




★ブログのトップページへ★  ★DT&COMPANYのウェブサイトへ★
関連記事
17:52  |  面白かったモノ、その他記事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dtandcompany.blog57.fc2.com/tb.php/37-7d57793a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。