04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.17 (Sat)

クアラルンプール




マレーシアの最大都市、クアラルンプール。
略して「KL」と呼ばれているこの街は
シンガポールから飛行機で1時間弱、東京~大阪ほどの
距離に位置しています。

街の雰囲気はシンガポールとよく似ており、
シンガポールに負けないくらいの近代的な商業施設が
たくさんあります。
シンガポールと同様、クアラルンプールの人たちは
非常におしゃれで洗練されています。
日本人には馴染みの薄いムスリムも多いのですが、
ムスリム流のモダンなおしゃれを楽しんでいて、
決して伝統や戒律にしばられている印象はありません。

民族や文化の多様性では、シンガポール以上。
ほんとに様々な人種の人たちが共存し、
マルチカルチャーラヴの私はとってもワクワク、
大好きな街になりました。
英語がどこでも普通に通じるのも、多様な人々をひきつける
要因なのでしょう。
物価水準はシンガポールの6~7割といった感じで、
生活しやすいことも魅力です。

シンガポールの市場がやや成熟した感があるのに対し、
クアラルンプールは建設中の大型商業施設や高級住宅
コンドミニアムが多く見受けられ、まだまだのびしろを
感じます。
同時に、中国の大都市と同じく、スモッグや渋滞なども
起きていました。

エアアジア、という世界的に注目されている
格安航空会社の雄はマレーシアの企業。
全日空と提携し、日本でも来年から利用できることに
なっています(個人的に、マレーシアが近くなるので、
嬉しい!)。

エアアジアは、マレーシアの人たちにとっての
日本でいうトヨタやソニーのような、国民にとって
誇りの存在のようです。
今回実際にエアアジアを利用しましたが、
会社にも利用者にも、活気、先進さ、時代性を感じました。
例えていうと、世界展開を加速するユニクロと
同じような存在でしょうか。

私的に格安航空には、これまで飛行機に乗ったことの
ないような人達が、チケット価格が安くなったから乗る、
なんて間違った情報、イメージを持っていましたが、
ユニクロと同様、これがまさに時代に支持され、
逆にネット世代、クラウド世代の先進的な人達がこぞって
エアアジアを利用している、という印象を受けました。

今後、エアアジアに次ぐメジャー企業がマレーシアから
生まれることを予感します。

今回、シンガポール、スラバヤ、KLとまわった中、
KLおよびマレーシアがベストでした。
マレーシアはKLのような大都市がある一方、すこし
足をのばせばビーチや高原、熱帯雨林など、すばらしい
自然も豊かです。
KLで滞在した2日とも、スコールのような雨があり、
また市内中心部に緑豊かな熱帯っぽい公園があって、
この街が熱帯気候の街でもあることに気付かされます。

これまで全く馴染みのなかったクアラルンプール、シンガポール、
スラバヤを訪問し、また中国の上海なども見て、
日本が先進国とばかり思っていた自分の無知が恥ずかしくなるくらい、
アジアの主要都市が急速に発展し、ある部分では
すでに日本を追い越していることを再認識しています。

ビジネスを手がけている者にとって、距離的に近い
こうした発展地域と関わりを持つことは非常に刺激的で、
学ぶ部分も非常に多いと感じます。

今回の旅のお陰で、これからまた新たなモチベーションを持って、
ビジネスや人生に臨めます。
自らを成長させるには、「本を読む」「旅に出る」「人と交流する」
の3つが鍵、と言われますが、全く同感です。
新しい発見、新しい刺激に感謝です!



MCL3image22.jpg  DT&COMPANYオリジナル製品
  「DTC design レザー製メガネケース 
  MCL 3 brown」
  http://dtcstore.ocnk.net/product/61
  ほか、個性派メガネアクセサリー、
  レザー製スマートフォンケースを
  直営ネットショップ「DTC Store」にて
  好評発売中!
  http://dtcstore.ocnk.net/


★ブログのトップページへ★  ★DT&COMPANYのウェブサイトへ★

関連記事
15:19  |  海外営業レポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011.09.17(土) 22:21 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dtandcompany.blog57.fc2.com/tb.php/85-a197de72

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。